2015年度活動報告 2)シンポジウム「食の未来」特集 | 立命館大学国際食文化研究センター

活動特集


2015年度活動報告 2)シンポジウム「食の未来」特集

§ 立命館大学びわこくさつキャンパスで開催されましたシンポジウム「食の未来」(2015.10.27)

-ガストロノミック・サイエンス&イノベーション-のご紹介 §

第一部:「医食同源~東洋と西洋の視点~」 多田鐸介氏

多田氏紹介

井澤教授による多田氏のご紹介です。テーマは『医食同源~東洋と西洋の視点~』です。フレンチを使った介護食、興味をひかれます。

多田氏講演1

天然調味料を使用する方がいいとのこと。料理酒より日本酒、みりん風調味料より本みりん。「安いから」という理由で前者を使わないようにしたいものです。

多田氏講演2

鰹節やにぼしできちんと出汁をとったお味噌汁、本当に美味しいですものね。手間をかけてお料理してみましょう。

多田氏講演4

日常的すぎてそのありがたみに気づきませんが、「口から食べられること」は本当に幸せなことなのです。

朝倉先生1

「薬食同源」とは、自然の食材を薬としてとらえ素材をバランスよく組み合わせることで健康増進に役立てる韓国人の食に対する思想です。

朝倉先生2

五行は「木火土金水(もっかどごんすい)」であらわされるそうです。五色は「青赤黄白黒」だそうです。

朝倉先生3

陰陽五行説の解説です。陰陽五行説とは中国の春秋戦国時代ごろに発生した陰陽思想と五行思想が結び付いて生まれた思想のことだそうです。 五つの色、行、味、五臓五腑、季節・志(心の状態)・感の関係性を表したもので、特に季節ごとに弱りやすい臓器の部分や病気と摂ると良い食べ物があるようです。 面白そうでためになりそうなお話ですね。

第二部:「Note by Note Cooking ~分子ガストロノミーが拓く食の未来 ~」 エルヴェ・ティス氏

ティス氏講演1

ティス氏は、フランスの物理化学者であり、分子ガストロノミーを専門としています。

ティス氏講演2

分子ガストロノミーとは、調理のプロセス中に観察される現象のメカニズムを解き明かすことを意味するそうです。

ティス氏講演4

ティス氏の提唱する調理法をステージでデモ披露してくださっているのが、ル・コルドン・ブルー日本校、エグゼクティブシェフのギヨム・シエグレ氏です。臨場感溢れる演出になったのではないでしょうか。

第三部:「世界のフードビジネス ~ガストロノミックツーリズム研究の最前線 ~」 ロジャー・ヘイデン氏

ヘイデン氏講演1

ヘイデン氏は、ル・コルドン・ブルー、オーストラリアのアカデミック・ディレクターです。

ヘイデン氏講演2

ヘイデン氏は、ガストロノミーをビジネス展開した「プロフェッショナル・ガストロノミック」実践講座および「ガストロノミック・ツーリズム」講座を開発されました。ホスピタリティ、フードビジネスアントレプレナー、ワインビジネスアントレプレナーのスペシャリストです。

ヘイデン氏講演3

観光には「食」は切り離せないものですね。 ヘイデン氏はどんなお話をしてくださったのか、旅行で「食」を楽しむ私たちにとっても身近なこととして、興味がありますね。

ヘイデン氏ディスカッション

地域観光の整備をテーマにディスカッションされました。

シンポジウムが終わってから、参加された方より次のような感想をいただきました。

「とても勉強になりました。食の専門家の方々からのご講義を拝聴する

ことが出来ましたことは幸せでした。私どもの年齢の多くは親の介護をしています。

嚥下障害の原因やその解決方法が伺えたことは、身近な人の命と向き合うときに

学んでおかなくてはならないことだったと思います。

食の勉強は経済学はもとより命の繋ぎ方でしょうから、万国共通で生きる上で

必要不可欠の知識だと思います。ますます学ばねばならないし、学び続けてこそ

生きている価値がありますね。」

素敵な感想をいただき、心が温かくなりました。ありがとうございました。

 

立命館大学国際食文化研究センター 活動特集

 








© 2017 立命館大学国際食文化研究センター . All Rights Reserved.