新着情報 | 立命館大学国際食文化研究センター
 

新着情報



2017年10月18日

§立命館大学は、一般社団法人日本フードサービス協会と、人材育成のための教育プログラムの実施を目的とした包括協定を締結しました(2017.10.17)。§

立命館大学は10月17日、日本の外食産業を統括する業界団体である一般社団法人日本フードサービス協会(以下、JF)*と、

食の分野で実践的な行動力を発揮できる人材を育成するための教育プログラムの実施を目的とした包括協定を締結しました。

JFによる高等教育機関との協定締結は、今回が初めてとなります。

本協定は、食に関わる深い教養に裏打ちされた高度なマネジメント人材の輩出を目指し2018年4月に立命館大学びわこ・くさつキャンパス(BKC)に開設する

「食マネジメント学部」における産学連携を推進し、食関連分野でイノベーションを実現する中核的マネジメント人材の育成を目的とするものです。

詳しくは、こちらをご覧ください。 →リンク先へ

立命館大学国際食文化研究センター 新着情報

2017年10月3日

*2017年度国際シンポジウム  世界の食研究と高等教育~ガストロノミーを拓く~(H29.12.2)*

2017年12月2日(土)、びわこ・くさつキャンパスにて国際シンポジウムを開催いたします。

タイトル: 世界の食研究と高等教育~ガストロノミーを拓く~

日 時 : 2017年12月2日(土)10:00~17:00    ※懇親会 17:30~19:00

会 場 : 立命館大学びわこ・くさつキャンパス ローム記念館5階 大会議室 (懇親会は、エポックホールにて 会費5,000円)

主 催 : 立命館大学国際食文化研究センター

後 援 : 近畿経済産業局、一般社団法人  日本フードサービス協会、公益財団法人  江頭ホスピタリティ事業振興財団

協 力 : 公益財団法人  味の素食の文化センター、和食文化の大学コンソーシアム

申込方法: ①氏名 ②所属 ③電話番号 ④メールアドレス ⑤懇親会参加の可否 をご記入のうえ

e-mail : syoku@gst.ritsumei.ac.jp 立命館大学国際食文化研究センターまで お送りください。

詳しい内容はこちら → 2017国際シンポジウムチラシ

20171202国際食シンポ120171202国際食シンポ2

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

立命館大学国際食文化研究センター 活動特集

2017年9月15日

*ナレッジキャピタル超学校 「『食』が『学問』になる日」 が開校されます(H29 .10.2~)*

ナレッジキャピタル超学校は、一般生活者と研究者が一緒に考え対話するプログラムです。

会議室での授業形式ではなく、開放感のあるカフェ空間でコーヒーやビールなど、ドリンクを片手に受講できます。

このたびのシリーズ「『食』が『学問』になる日」は、一般社団法人ナレッジキャピタル様、株式会社KMO様と

国内初の「食」を対象とした「食マネジメント学部」の開設に向けて活動してきた本センターとの共催で、

認知科学、経営工学、文化人類学、歴史学、経済学の専門家が「食」をテーマとして講義する全5回の連続講座です。

詳しい概要はこちら → ナレッジキャピタル超学校「食」が「学問」になる日

***********************************************

タイトル : 立命館大学食マネジメント学部×ナレッジキャピタル

テーマ  : 「食」が「学問」になる日 (各回によってテーマが違います)

日 時 : 【第1回】 10月2日(月) 和田 有史 (立命館大学理工学部教授)

【第2回】 10月16日(月)  新村 猛 (立命館大学経済学部客員教授)

【第3回】 10月30日(月) 阿良田 麻里子 (立命館大学経済学部客員教授)

【第4回】 11 月13日(月) 南 直人  (京都橘大学文学部教授)

【第5回】 11月28日(火) 井澤 裕司  (立命館大学経済学部教授)

各回とも 19:00~20:30 (開場18:30)

場 所 : CAFE Lab. グランフロント大阪北館ナレッジキャピタル1F

定 員 : 50名  高校生以上/要事前申込/先着順

参加費 : 500円(1ドリンク代)

主 催 : 一般社団法人ナレッジキャピタル、株式会社KMO、立命館大学国際食文化研究センター

お申込み・お問い合わせ : 一般社団法人ナレッジキャピタル 

※各回によって、お申込みの受付日時が違いますので、ナレッジキャピタルのホームページをご確認の上、お申込みいただきますよう、お願い申し上げます。

立命館大学国際食文化研究センター 活動特集

2017年9月4日

§食マネジメント学部が2018年4月にBKCに設置されます§

食マネジメント学部(入学定員320人)の設置届出が文部科学省にこのたび、受理されました。

これにより、2018年4月、びわこ・くさつキャンパスに食マネジメント学部が設置されることが決定いたしました。→リンク先へ

AO選抜入学試験要項(プレゼンテーション方式/自己推薦方式)も公開されています。

詳しくは、立命館大学入試情報サイトをご覧ください。

立命館大学国際食文化研究センター 新着情報

2017年8月31日

*第2回国際シンポジウム「食文化の交流」(第6回アジア食文化会議)報告書集「社会システム研究」特集号(2017年7月)*

§ はじめに 朝倉敏夫

§ アジア食学論壇の創立と追及 趙栄光

§ 食文化交流の歴史―日本を例に― 石毛直道

§ 「和食」食文化遺産とグローバル化する食文化 テオドル・ベスター

§ 外食産業の持続的成長に向けて 菊地唯夫

§ The Transference of Cuisine and Michelin Rated Restaurants:A Chef’s Perspective of Japaneseness in Hong Kong Watson M.Baldwin

§ Funeral foods and its role as vehicle of communication  Hee Sup Kim

§ “City of Gastronomy” of UNESCO Creative Cities Network:From International Criteria to Local Practice Cheng Xiaomin

§ FUTURE OF TEA AND TEA CULTURE SØren M.Chr.Bisgaard

§ ビタミンDと健康―カルシウム・骨の恒常性における役割― 増山律子  

§ 接近回避運動をもちいた新しい食行動コントロールの試みに関する予備的検討 山中祥子

§ 「旬菜マルシェ」の今後の発展に向けた検討―大学生の農産物購入と消費の実態に関する分析― 藤原なつみ・小沢道紀・吉川直樹・楠奥繁則・海崎彩

§ 青木正児から中村喬へ―中国飲食文化史研究の専門化― 関剣平

§ 韓国人のテーブルマナー ―歴史人類学的視角からのアプローチ― 周永河

立命館大学国際食文化研究センター  第2回国際シンポジウム報告書集〔一部〕PDF






© 2017 立命館大学国際食文化研究センター . All Rights Reserved.