立命館大学国際食文化研究センター

国際食文化研究センターホームページへようこそ

本学は、“食文化”の研究拠点として「国際食文化研究センター」をBKC社系研究機構に設立しました。
近年、和食が世界無形文化遺産に登録されるなど、「食」に関わる活動を、文化的・社会的な活動として捉えることの重要性がますます強く意識されるようになってきています。加えて、国際化の進展や安心・安全への関心の高まりから、経済的な活動としての「食」に対する研究にも期待が寄せられています。一方で、これまで食に関わる行為・活動を、人文科学、および社会科学、行動科学などの観点から総合的に研究を行う研究機関は国内にはありませんでした。   
本研究センターでは、「食」を巡る諸課題に対して、国内外の研究機関や経済団体などと広く協力し、人文、社会科学、行動科学的な観点から研究を行い、その成果を積極的に国際社会に還元していくことを目的とします。 食の研究は、総合大学として立命館大学のポテンシャリティを最大限に発揮できる分野です。本研究センターでは、食研究に関わる行為・活動の情報集積などを多様な分野から総合的に行うことで、国際異文化理解やフードビジネスのイノベーションにも寄与しうる食研究の世界的中核拠点の形成を目指します。



立命館大学国際食文化研究センターfacebook

行ってきました、「中国美食フェア」!
ちゃっかり11時半から並んで、四川風味回鍋肉丼を注文しました。
赤、緑、黄色の彩り豊かな回鍋肉で、見るからに食欲がそそられます。
丼というと、ご飯の上に具材がのせられているイメージですが、この回鍋肉丼は、ご飯が横に添えられているのがよかったです。肉と野菜を炒めたタレが自然とご飯にしみ込んで、絶妙でした。
おそらく、日本風に辛さを控えめにして調理してくださっていると思うのですが、そこはやはり四川風味。ピリ辛で、体の中から温まりました。ボリュームもあって、満足なランチとなりました。
調理場には、中国の料理人らしき方もいらっしゃいました。
また美食フェアの第2弾があることを期待したいです。
ご馳走様でした。
... See MoreSee Less

View on Facebook

共催:同済大学后勤集団と立命館生協
後援:立命館孔子学院 の 
【中国美食フェア】のお知らせです。

来週の3日間、BKCと衣笠キャンパスの食堂にて、

『香菜牛肉ラーメン』390円
『四川風味回鍋肉丼』432円※ひき肉と豆腐のスープ付

が、それぞれ限定200食で提供されます。

詳しい日程は…
5月23日(火)BKC:ユニオンカフェテリア
  24日(水)BKC:リンクカフェテリア
  25日(木)衣笠:存心館食堂

11時半から提供されますので、行けそうな方はどうぞお早めにお並びください。

中国一流料理人が来校され、食堂の厨房で実際に調理されるようです。どうぞお楽しみに!
... See MoreSee Less

View on Facebook

京都橘大学女性歴史文化研究所 開設25周年記念シンポジウムのお知らせです。

タイトル:食の歴史とジェンダー -日本とアジア-

日  時:2017年6月24(土)13:30~17:00

場  所:キャンパスプラザ京都 5F 第1講義室

定  員:250名(先着順)

受 講 料:無料

原田信男氏が「共食」という視点から日本の食文化の歴史を、ジェンダーの問題にも触れつつお話されます。
また、インドネシアの食文化の研究者である阿良田麻里子氏(本学客員教授)が比較文化的視点からコメントをされる予定で、日本と東南アジアの食文化の相違点や共通点について考察を深めるシンポジウムです。
ご関心のある方は、ぜひご参加ください。

詳しいお申込み方法は京都橘大学のホームページをご覧ください。

www.tachibana-u.ac.jp/research_area/extention/2017/02/post-86.html
... See MoreSee Less

View on Facebook
© 2017 立命館大学国際食文化研究センター . All Rights Reserved.