立命館大学食総合研究センター
立命館大学食総合研究センター

食総合研究センターホームページへようこそ

立命館大学は、2014年1月に”食文化“の研究拠点として「国際食文化研究センター」をBKC社系研究機構内に設立しました。2018年4月からは、「食マネジメント学部」設置と時期を同じくして、同センターを発展的に改組し「食総合研究センター」として新たに出発することとしました。
 「食」はあらゆる人間活動のもっとも基礎的なファクターであり、人間を対象とするあらゆる学問領域と深く結びついています。その意味で、学問分野の境界を越えた文理総合の学際的研究が求められる研究対象です。食品の生産から消費、栄養摂取にいたる食と人間とのかかわりは、科学技術の進展や急激に変化する社会情勢の下で、たとえば食の安全・安心などといった問題を常にわれわれに突きつけています。さらに、近年のグローバリゼーションの拡大のもと、食料生産や環境問題、異なる食文化同士の融合・衝突など地球規模でのさまざまな諸課題が提起される中で、食をめぐる幅広い学問研究の必要性がますます高まっています。しかしその一方で、我が国においてはこれまで食にかかわる諸問題を学際的・総合的に研究するための研究機関は存在しませんでした。
 食総合研究センターでは、食をめぐるさまざまな諸課題に対して、国内外の研究機関や経済団体、市民団体などと広く協力し、人文・社会科学、行動科学、その他多様なアプローチからの研究をおこない、その成果を積極的に社会(地域社会から国際社会まで)に発信し、還元していくことを目的とします。
 こうした食の総合的研究は、総合大学としての立命館大学のポテンシャルを最大限発揮できる分野です。本研究センターでは、食研究にかかわる多くの研究情報を収集し、センター内でさまざまな視点から研究活動を展開していくことで、グローバルな食文化の受容と理解、フードビジネスのイノベーション、少子高齢化社会の中での食育の展開など食にかかわる国内外の諸課題を解決することに寄与しうる食研究の世界的中核拠点の形成をめざします。

食総合研究センター センター長 南直人



立命館大学国際食文化研究センターfacebook

2 weeks ago

立命館大学食総合研究センター

*シンポジウム 伝統食の革新と地域ブランディング(12/1)のご報告 *

12月1日、師走に入った慌ただしい中、全国各地から100名近くの方々が、シンポジウム 伝統食の革新と地域ブランディングにご参加くださいました。

13時半、立命館大学食マネジメント学部長の朝倉敏夫氏の開会挨拶に始まり、大阪市立大学経営学研究科教授の小林哲氏、続いて山形大学農学部教授の江頭宏昌氏の講演が行われました。
休憩をはさみ、長野県立大学健康発達学部教授の中澤弥子氏、続いて立命館大学食マネジメント学部准教授の小沢道紀氏の講演が行われました。
講演の締めくくりは、株式会社Eyes,JAPAN代表取締役、チーフ・カオス・オフィサーの山寺純氏とUMAMI Lab代表、Umami director、Producerの望月重太朗氏による発表でした。

シンポジウム終了後、伝統食体験会が行われました。
JAおうみ冨士 ファーマーズ・マーケットおうみんち様が、滋賀の食材を使用した伝統食を提供してくださいました。
県内の参加者様はもちろん、県外からお越しの参加者様には滋賀の食文化に触れていただく良い機会になったと思っております。
また、山寺氏と望月氏による出汁ブースも大変好評でした。

今回のシンポジウムが、ご参加くださいました皆様にとって有意義なものとなりましたよう、心より願っております。
シンポジウムに関わってくださいました皆様に心から厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。
... See MoreSee Less

View on Facebook

§ 講座「おとなの学び舎’18秋 ムスリムの食文化-東南アジアを中心に-」第3回のご案内 §

社会人向けの講座「おとなの学び舎」(立命館大学アカデミックセンター)でムスリムの食、ハラール、インドネシアの食について本学食マネジメント学部の 阿良田麻里子教授が講演します。
10月から12月にかけての三回連続講座(10/11、11/8、12/13)ですが、一回ごとに受講可能です。

すでに第1回と第2回は終了いたしました。

第3回の講座の申込み締切が12/11(火)です。
ご興味がおありの方にはぜひ、気軽にご参加いただけますと幸いです。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

**************************

おとなの学び舎’18秋 ムスリムの食文化-東南アジアを中心に-

講師: 阿良田麻里子 立命館大学 食マネジメント学部教授

概要:イスラームというとアラブ世界をイメージする人が多いでしょうが、日本を訪れるムスリムの多くは、東南アジアから来ています。ムスリムの食の多様性と広がり、食のハラール(イスラーム法に則ったもの)の概要とともに、世界一のムスリム人口を擁するインドネシアで人々がどのような食の実践をしているかについて扱います。

第1回: 10月11日(木) ムスリムの食の多様性
→終了しました。
第2回: 11月8日(木) 認証ありきでないハラールとは
→終了しました。
第3回: 12月13日(木) インドネシアのムスリムの食文化
→申込締切12月11日(火)

時間: 各回 14:00~15:40
場所: 立命館 大阪梅田キャンパス
定員: 各回100名
受講料:1回あたり 1,700円(インターネット一括申込の場合4,500円)

立命館大学アカデミックセンター「おとなの学び舎」の紹介 → http://www.ritsumei.ac.jp/file.jsp?id=389530

詳細や申し込みについてはこちらをご覧ください。
www.ritsumei.ac.jp/acr/lecture/detail/index.html/
... See MoreSee Less

View on Facebook
© 2018 立命館大学食総合研究センター . All Rights Reserved.