立命館大学食総合研究センター
立命館大学食総合研究センター

食総合研究センターホームページへようこそ

立命館大学は、2014年1月に”食文化“の研究拠点として「国際食文化研究センター」をBKC社系研究機構内に設立しました。2018年4月からは、「食マネジメント学部」設置と時期を同じくして、同センターを発展的に改組し「食総合研究センター」として新たに出発することとしました。
 「食」はあらゆる人間活動のもっとも基礎的なファクターであり、人間を対象とするあらゆる学問領域と深く結びついています。その意味で、学問分野の境界を越えた文理総合の学際的研究が求められる研究対象です。食品の生産から消費、栄養摂取にいたる食と人間とのかかわりは、科学技術の進展や急激に変化する社会情勢の下で、たとえば食の安全・安心などといった問題を常にわれわれに突きつけています。さらに、近年のグローバリゼーションの拡大のもと、食料生産や環境問題、異なる食文化同士の融合・衝突など地球規模でのさまざまな諸課題が提起される中で、食をめぐる幅広い学問研究の必要性がますます高まっています。しかしその一方で、我が国においてはこれまで食にかかわる諸問題を学際的・総合的に研究するための研究機関は存在しませんでした。
 食総合研究センターでは、食をめぐるさまざまな諸課題に対して、国内外の研究機関や経済団体、市民団体などと広く協力し、人文・社会科学、行動科学、その他多様なアプローチからの研究をおこない、その成果を積極的に社会(地域社会から国際社会まで)に発信し、還元していくことを目的とします。
 こうした食の総合的研究は、総合大学としての立命館大学のポテンシャルを最大限発揮できる分野です。本研究センターでは、食研究にかかわる多くの研究情報を収集し、センター内でさまざまな視点から研究活動を展開していくことで、グローバルな食文化の受容と理解、フードビジネスのイノベーション、少子高齢化社会の中での食育の展開など食にかかわる国内外の諸課題を解決することに寄与しうる食研究の世界的中核拠点の形成をめざします。

食総合研究センター センター長 南直人



立命館大学国際食文化研究センターfacebook

§ 講座「おとなの学び舎’18秋 ムスリムの食文化-東南アジアを中心に-」のご案内 §

社会人向けの講座「おとなの学び舎」(立命館大学アカデミックセンター)でムスリムの食、ハラール、インドネシアの食について本学食マネジメント学部の 阿良田麻里子教授が講演します。

10月から12月にかけての三回連続講座(10/11、11/8、12/13)ですが、一回ごとに受講可能です。

第一回目の講座の申込み締切が10/9(火)に迫っております。まだ定員に余裕がございますので、ご興味がおありの方にはぜひ、気軽にご参加いただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

**************************

おとなの学び舎’18秋 ムスリムの食文化-東南アジアを中心に-

講師: 阿良田麻里子 立命館大学 食マネジメント学部教授

概要:イスラームというとアラブ世界をイメージする人が多いでしょうが、日本を訪れるムスリムの多くは、東南アジアから来ています。ムスリムの食の多様性と広がり、食のハラール(イスラーム法に則ったもの)の概要とともに、世界一のムスリム人口を擁するインドネシアで人々がどのような食の実践をしているかについて扱います。

第1回: 10月11日(木) ムスリムの食の多様性
→申込締切10月9日(火)
第2回: 11月8日(木) 認証ありきでないハラールとは
→申込締切11月6日(火)
第3回: 12月13日(木) インドネシアのムスリムの食文化
→申込締切12月11日(火)

時間: 各回 14:00~15:40
場所: 立命館 大阪梅田キャンパス
定員: 各回100名
受講料:1回あたり 1,700円、インターネット一括申込の場合4,500円

立命館大学アカデミックセンター「おとなの学び舎」の紹介 → http://www.ritsumei.ac.jp/file.jsp?id=389530

詳細や申し込みについてはこちらをご覧ください。
www.ritsumei.ac.jp/acr/lecture/detail/index.html/?id=71
... See MoreSee Less

View on Facebook

§ チャールズスペンス先生講演会【Gastrophysics: 食の新しい科学】(10/27)のご案内 §

立命館大学食総合研究センターは、びわこ・くさつキャンパスに食の多感覚知覚の第一人者であるチャールズスペンス先生をお招きして講演会を行います。
チャールズスペンス先生は、オックスフォード大学の心理学者、知覚研究者であり、「ガストロフィジクス」研究者でもあります。「ガストロフィジクス」とは、「ガストロノミー(食の科学)」と「サイコフィジクス(精神物理学)」を合わせた造語だそうです。
著書に『「おいしさ」の錯覚  最新科学でわかった、美味の真実』があります。
ひとがおいしいと思う感覚にも錯覚があるというのです。それを科学的な面から研究されているのが面白いと思います。

ご講演は英語なのですが、チャールズスペンス先生に会える機会はなかなかありませんので、ご興味のある方はぜひいらしてください。
お申込みは不要です。何卒よろしくお願い申し上げます。

**************************

●講演者:チャールズスペンス(オックスフォード大学)

●期 日:2018年10月27日(土)

●会 場:立命館大学びわこ・くさつキャンパスコラーニングハウスI C204  http://www.ritsumei.ac.jp/campusmap/bkc/

●アクセス:http://www.ritsumei.ac.jp/accessmap/bkc/

●スケジュール:
10:30 開場
10:50 開会挨拶
10:55 スペンス先生紹介(立命館大学・吉賀心理学研究所 北川智利:日本語)
11:05 スペンス先生ご講演 (英語 通訳なし)
Gastrophysics: The New Science of Eating
11:55 講評(立命館大学,吉賀心理学研究所 北川智利:日本語)
12:05 質疑応答
12:10 閉会の挨拶

●講演要旨
Gastrophysics: The New Science of Eating

Charles Spence
Crossmodal Research Laboratory, Department of Experimental Psychology,
University of Oxford

“Once at least in the life of every human, whether he be brute or
trembling daffodil, comes a moment of complete gastronomic satisfaction.
It is, I am sure, as much a matter of spirit as of body. Everything is
right; nothing jars. There is a kind of harmony, with every sensation
and emotion melted into one chord of well-being.” (Fisher 2005, p. 325).

What is the perfect meal? We can probably all think of at least one
especially memorable dinner that we have had. For some, it might be
something as simple as a picnic in a summer meadow or else fish and
chips by the seaside (while listening, of course, to the sounds of the
sea). For others, the gastro-tourists, it will be that once in a
lifetime trip to one of the world’s top Michelin-starred restaurants.
Wherever it was, though, what made it so special wasn’t just the food
(Spence & Piqueras-Fiszman, 2014). Of course, the food matters: It is,
after all, one of the most multisensory of our experiences (Spence,
2015), one where if even a single sensory element is wrong, something is
served cold that was supposed to be hot, then the whole experience will
be ruined. In this talk, though, I want to argue that what makes for a
great eating experience depends far more on ‘the everything else’ that
surrounds the meal than we realize: It depends on everything from the
mood we are in through to the company we keep, and from the environment
in which we choose to eat and drink through to the plating, plateware,
and cutlery. I will review the emerging body of research from the new
field of gastrophysics that is helping to isolate just how important
these various product-extrinsic factors are to our perception and
enjoyment of food (Spence, 2017). Some of the most exciting recent
examples of the dynamic interplay between chefs, designers, and sensory
scientists that is giving rise to exciting new immersive, experiential,
(possibly experimental), and most definitely multisensory, dining
experiences will also be highlighted. Finally, I will show how the
search for the perfect meal can lead to interventions that may
potentially help (in some small way) to tackle the growing obesity
crisis, not to mention providing some intriguing ideas about how to get
us all to shift to a rather more sustainable (possibly insect-based)
diet in the decades ahead.

Fisher, M. F. K. (2005). The pale yellow glove. In C. Korsmeyer (Ed.),
The taste culture reader: Experiencing food and drink (pp. 325-329).
Oxford: Berg.
Spence, C. (2015). Multisensory flavour perception. Cell, 161, 24-35.
Spence, C. (2017). Gastrophysics: The new science of eating. London, UK:
Penguin.
Spence, C., & Piqueras-Fiszman, B. (2014). The perfect meal: The
multisensory science of food and dining. Oxford: Wiley-Blackwell.

*1 本講演はJSPS『課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業』「「嗜好品」とは何か?-嗜好品に関する学際的研究と文献データベース構築を通して」

の活動として実施します。

*2 自然災害等が発生した場合は中止する可能性もあります。

***************************
... See MoreSee Less

View on Facebook

§ 琵琶湖Σ×生物資源×食総合研究センター合同シンポジウム「食と観光」(9/21)のご案内 §

日 時 : 2018年9月21日(金)13:00~19:00

場 所 : 立命館大学びわこ・くさつキャンパス 
      コラーニングハウス2(2~4F)

参加費 : 無料

お問い合わせ : 
立命館大学 研究部 BKCリサーチオフィス
(TEL 077-561-2802)まで

第一部では、本センターの南直人センター長から、本センターの事業紹介をします。
また、第2部では、食マネジメント学部の野中先生が講演しますので、ご関心のあります方はぜひ、ご参加いただけますと幸いです。よろしくお願い申し上げます。

詳しい内容はチラシをご覧ください。 → http://www.ritsumei.ac.jp/file.jsp?id=388641

お申込は、こちらから → https://ssl.form-mailer.jp/fms/7515d24e582422
... See MoreSee Less

View on Facebook
© 2018 立命館大学食総合研究センター . All Rights Reserved.