立命館大学食総合研究センター
立命館大学食総合研究センター

食総合研究センターホームページへようこそ

立命館大学は、2014年1月に”食文化“の研究拠点として「国際食文化研究センター」をBKC社系研究機構内に設立しました。2018年4月からは、「食マネジメント学部」設置と時期を同じくして、同センターを発展的に改組し「食総合研究センター」として新たに出発することとしました。
 「食」はあらゆる人間活動のもっとも基礎的なファクターであり、人間を対象とするあらゆる学問領域と深く結びついています。その意味で、学問分野の境界を越えた文理総合の学際的研究が求められる研究対象です。食品の生産から消費、栄養摂取にいたる食と人間とのかかわりは、科学技術の進展や急激に変化する社会情勢の下で、たとえば食の安全・安心などといった問題を常にわれわれに突きつけています。さらに、近年のグローバリゼーションの拡大のもと、食料生産や環境問題、異なる食文化同士の融合・衝突など地球規模でのさまざまな諸課題が提起される中で、食をめぐる幅広い学問研究の必要性がますます高まっています。しかしその一方で、我が国においてはこれまで食にかかわる諸問題を学際的・総合的に研究するための研究機関は存在しませんでした。
 食総合研究センターでは、食をめぐるさまざまな諸課題に対して、国内外の研究機関や経済団体、市民団体などと広く協力し、人文・社会科学、行動科学、その他多様なアプローチからの研究をおこない、その成果を積極的に社会(地域社会から国際社会まで)に発信し、還元していくことを目的とします。
 こうした食の総合的研究は、総合大学としての立命館大学のポテンシャルを最大限発揮できる分野です。本研究センターでは、食研究にかかわる多くの研究情報を収集し、センター内でさまざまな視点から研究活動を展開していくことで、グローバルな食文化の受容と理解、フードビジネスのイノベーション、少子高齢化社会の中での食育の展開など食にかかわる国内外の諸課題を解決することに寄与しうる食研究の世界的中核拠点の形成をめざします。

食総合研究センター センター長 南直人



立命館大学国際食文化研究センターfacebook

味の素食の文化センター様が発行されています、『vesta』No.114(2019春) 特集「平成の食」の紹介をさせていただきます。

この一冊を読めば、平成約30年間の食の移り変わりがよくわかると思います。

本日は、2つの章を紹介させていただきます。
まずは「冷凍食品の開発を通じて見る平成時代」と題して味の素冷凍食品株式会社の江原司氏にインタビューされた内容です。
今、あらゆる冷凍食品が出ており、またどれもおいしいですよね。その中で確実に味の進歩をとげていると思われる「油なし、水なしギョーザ」。まずは「油なし(水は入れないといけない)」で焼けるギョーザが開発されましたが、「水を入れてうまく焼けない」というクレームが寄せられたことで、水を入れなくても焼けるギョーザへと変わりました。「うまく焼けない」原因としては、人によっていれる水の量がまちまちだったり(「こんなもんだろう!」と適当に入れる方が多かったそうです。)、中火のとらえ方がばらばらというところです。そこでわかりやすいように写真を入れたりしたそうです。
その移行のための調査や開発には15年かかったそうですから、長い道のりにもくじけなかった、まさに努力の賜物であり、素晴らしいと思います。

もう一つは「平成の家庭の食」と題して長野県立大学の中澤弥子教授がまとめられた章です。
写真もアップさせていただきましたが、平成初期と後期での食卓に並ぶおかずの出現頻度を比較されています。
魚介類の塩焼きは変わらず上位にあがっているといっても回数は半減しています。対照的に、肉のからあげ、肉と野菜の炒め物(手軽かつ栄養、ボリューム感もありますよね)が増えているのが目立ちます。おかずの全体数が減っているのは、食卓に並ぶおかずの品数が減っているということですね。一品の量を増やし、数を減らしたというところでしょうか。もしくは、食べる量自体も減っているのかもしれません。

「食」は時代を映します。
私が子どもだった昭和の頃、田舎で育ったので、たまに(2か月に1度ほど)家族で行く量販店の中にあるレストランに行けることが楽しみで仕方ありませんでした。
平成に入り、働き出してからは友人たちと美味しいお店を情報誌などで探したり、運転中に見つけたりしていました。それが、瞬く間にSNSの時代となり、気になるお店はネットで探すのが主流になりました。海外旅行ですら、「インスタで見たお店に行きたいから」という理由でされていると聞きます。
令和の食はどうなっていくのでしょう。
生活はますます便利になり、選択肢も増えそうです。「食べたいものはいつでも食べられる」けれど、結局、ご飯と味噌汁は食事の定番として離せないと個人的には思っています。
... See MoreSee Less

View on Facebook

§ 第17回嗜好品文化フォーラムのお知らせ §

嗜好品文化研究会様が下記の内容で第17回嗜好品文化フォーラムを開催されますのでお知らせいたします。

日 時 : 2019年5月11日(土)10:00~16:30

場 所 : 京都新聞文化ホール7階(京都市中京区烏丸通夷川上ル)

プログラム :
10:00~ 2018年度助成研究口頭発表
13:30~ 記念講演
14:35~ 基調報告
15:15~ 総合討論

参加費 : 無料

※お申込み及びお問い合わせにつきましては、嗜好品文化研究会様のHPをご覧ください。
→ http://www.cdij.org/shikohin/
... See MoreSee Less

View on Facebook
© 2019 立命館大学食総合研究センター . All Rights Reserved.